> スポ-ツRYOKO 〈WEB5〉 【ドラフト】 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

スポ-ツRYOKO 〈WEB5〉 【ドラフト】

スポーツRYOKO

2011年のドラフトは、大学BIG3の投手に注目が集まり結果は、

日本ハム 菅野投手(東海大)、
ロッテ 藤岡投手(東洋大)、
広島 野村投手(明治大)

が指名されました。

藤岡投手は抽選になりましたが意中の球団のロッテに指名されほっとした表情が印象的でしたが、対象的だったのは、菅野投手でした。

菅野投手は巨人原監督の甥っ子で巨人の単独指名で決定との報道に誰もが疑いを持たなかったとは思いますが、まさかの日本ハム指名で抽選となり日本ハムが交渉権を獲得すると言う皮肉な結果となりました。

日本ハムが指名した事に対して賛否両論ありますが、この行動には個人的な感想としては、少しでも可能性があるのであれば交渉後の結果はどうあれ指名したのは正解だと思います。

それと我が広島は競合が予想されましたが単独指名で大学BIG3の一角の野村投手を指名出来た事で今年のドラフトは100点ではないかと個人的には思いました。

またもう一つ個人的に良かった事は、4位で土生外野手(早稲田大)が広島に指名された事です。
土生外野手は、野村投手と広陵高校の同級生で記憶に残っている人も多いと思いますが4年前もう少しで夏の甲子園優勝に手が届くところでしたが、8回に佐賀北高校に逆転満塁ホ-ムランを打たれ準優勝に終わりました。

その時のエ-スが野村投手で主将が土生外野手(当時は三塁手)でした。
また同じチ-ムとなりお互いが当時のように切磋琢磨して早く広島の投打の柱になる事を期待しています。

最後に、日本ハム7位指名の早稲田大ソフトボ-ル部出身大嶋捕手が、プロ野球の世界でどれくらい通用するか少し気になりますので注目して見たいと思います。

2011年10月31日 倉本記