> スポ-ツRYOKO 〈WEB25〉 【選手宣誓】 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

スポ-ツRYOKO 〈WEB25〉 【選手宣誓】

スポーツRYOKO

3月21日に第84回選抜高等学校野球大会が始まりました。
日程通りに試合が行われていればこのコラムが発信される頃はもう優勝チ-ムも決定していることでしょうね。

今回は、選手宣誓について書こうと思います。
今年の選手宣誓は何か神がかりな物があったような気がします。

抽選で昨年東日本大震災で被災した宮城石巻工業の阿部翔人主将が選ばれました。本当にすばらしい選手宣誓でした。

昔の選手宣誓と言えば「宣誓。我々選手一同はスポ-ツマンシップに則り、正々堂々と戦うことを誓います」が定番だったですが近年選手宣誓も変わってきました。変化し始めたのは調べてみると1984年夏の大会福井商から表現が豊かになったそうです。1987年春には京都西が英語を入れた宣誓が話題となりました。

その後手話や表現の長い文章等さまざまな宣誓が行われてきています。

この先、また選手宣誓も変化していくのでしょうね。しかし定番の選手宣誓も案外いいなと思っているのは僕だけでしょうか・・・・

最後に今大会の宮城石巻工業阿部翔人主将の選手宣誓が僕自身感動しましたので全文を書きます。

「宣誓。東日本大震災から1年。日本は復興の真っ最中です。
被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方が たくさんいます。人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは、 苦しくて、つらいことです。

 しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、 その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、 日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう。 日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で 戦い抜き、最後まで諦めないことです。

 今、野球ができることに感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレー することを誓います。」

2012年3月26日 倉本記