> スポーツRYOKO 【初登板】 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

スポーツRYOKO 【初登板】

スポーツRYOKO

4月10日大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手が初登板しました。

結果は皆さんご存知の通りですが、あのダルビッシュ投手があそこまでメロメロになるとは誰もが想像していなかったと思います。

日本のエースとして大リーグに移籍しオープン戦もまずまずの成績だっただけに予想外でしたがこれが大リーグの実力だとも感じました。

日本では5年連続で防御率1点台の実力はこんなものでは無いと信じたいので是非とも次の登板では見せてもらいたいですね。

しかし、5回2/3を5失点(1回4失点、2回1失点)でしたが3回以降は無失点と実力の片鱗を少しは大リーガーの選手にも見せられたのではないかと思います。

それともう一つは勝ち投手になった事でしょう。
投球内容は良くなかったですが投手は勝ち星が一番の特効薬と聞いた事がありますので次回の登板にはきっと結果が出る事をプロ野球ファンとして期待しています。

それと、今まで野茂、伊良部、石井、松坂、黒田投手等、日本の誇れる投手が大リーグに挑戦していますが現時点で僕自身が通用したなと思う投手は野茂投手だけだと感じています。(あくまで個人的な意見です)

最後にやはり今回対戦したマリナーズのイチロー選手は別格だなと改めて感じました。

*先発日本投手初登板成績(上記記載投手のみ)

野茂英雄(ドジャース) 投球回数5回、安打1、失点0 勝ち負けなし
伊良部秀輝(ヤンキース) 投球回数6回2/3、安打5、失点2 勝ち投手
石井一久(ドジャース) 投球回数5回2/3、安打2、失点0 勝ち投手
松坂大輔(レッドソックス) 投球回数7回、安打6、失点1 勝ち投手
黒田博樹(ドジャース) 投球回数7回、安打3、失点1 勝ち投手
ダルビッシュ有(レンジャーズ) 投球回数5回2/3、安打8、失点5 勝ち投手

2012年4月13日 倉本記