> 【英語でしゃべりたいかも!? 84】 I’ll be right back. | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 84】 I’ll be right back.

英語でしゃべりたいかも!?

やはり、一週間は早いですね。
もうこのコラムのタイトル通りにやって来ました。

ところで、このphraseは 私が別にご説明させて頂かなくても

「分かってるよ!何も一週間もひっぱる話じゃないよ。」

ですよね。
おっしゃる通りです。

ですが、本当に蛇足で申し訳ありませんが、もう少し我慢して意味を説明させて下さい。

人に呼ばれた時
(直ぐに戻って来ます。〈待ってて下さい。〉

あるいは、ウェータが注文を聞いて、

I’ll be right back with your beer.
(只今、ビールをお持ちします。)

「知ってるよ!」
ですね。

さて、ここからが本題です。
このphrase、あまり映画を見られない方でも聞き覚えのあるセリフをご存じではないでしょうか?

サングラスを掛け、筋骨隆々のあのスターが言った

「I’ll be back.」

これは、あまり訳したくはないのですが、
(戻ってくるからな。)
です。

さて、この2種類の「セリフ?」の違いが本題のテーマです。

いえいえ、声のトーンの違いではありません。

「right」がある無しで、意味合いが変わります。

つまり、
I’ll be back.

これは、revenge(復讐)を意味するそうです。

ですから、普通は「right」を付け忘れないようにしてください。
前置きが長くなりましが、意外に耳慣れた言葉を発するのが、人の習性です。心して使いましょう。

次回は、「I’d like to introduce~」です。

So see you next time.
(では、次回まで。)