> 【英語でしゃべりたいかも!? 86】 I’ll be right back.③ | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 86】 I’ll be right back.③

英語でしゃべりたいかも!?

前回は、“revenge(仕返しをする)”は、ビジネス英語としては不向きであるところまでお話しました。

ところが、Matt 先生に回答を頂いたものの私の唐突な質問に、彼の頭の中で整理されていない様子。
そこで、

E The reason why I asked you is I heard two phrases.
(私が質問した理由は、2つの言葉を聞いたからです。)

One phrase is“ I’ll be right back.”,and another one is “I’ll be back.”.

(一つは、I’ll be right back と もう1つは、I’ll be back.です。)

I know first phrase is polite expression.
(初めのフレーズは、丁寧な表現というのは分かります。)

But, I learned another phrase means revenge.
(しかし、もう1つは、仕返しを意味すると教わったからです。)

M No, these are similar.
(いいえ、どちらも同じです。)

E really?
(本当?)

M “Right” is soon.“I’ll be back” is not to be clear when.
We say to friends ,I’ll be back.
(ライトは、「すぐ」を意味します。I’ll be backは、いつ戻るのか分からない。)
(友達にはI’ll be backと言いますよ。)

どうやら、Matt先生の話も真実のようです。
もしかしたら、“I’ll be back” = “revenge” は言い過ぎかもしれませんね。
ただ、“revenge”と感じる人もいることも事実だと思うべきでしょう。

特に、お客様や目上の方には、下記のような言葉などを添えて話されることをお奨めします。

I’ll be back soon.
(すぐ戻ります。)

I’ll be back as soon as possible.
(できるだけ早く戻ります。)

では、次回は「I’d like to introduce ~」

So see you next time.
(では、次回まで。)