> 【英語でしゃべりたいかも!? 98】 $1.50 $150 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 98】 $1.50 $150

英語でしゃべりたいかも!?

数字の単位につきましては、以前取り上げたことがあります。
今回は、単位特にドル単位につきまして教えて頂いた情報です。

上記タイトルをそのまま読むと

One dollar fifty cents
(1ドル50セント)

One hundred fifty dollars
(150ドル)

特に問題はありませんが、複数形の「s」を忘れないように。

ここで、Richard先生が読み方について教えてくれました。

①$1.50 =one fifty
②$150 =one fifty
Both same means.

E/ Same means?
(同じ意味?)

R/ Yes.
(そうです。)

E/ I think this② is more expensive than this①.
(②は①より高いと思いますけど。)
I’m confused both are same means.
(どちらも同じ意味というのは訳が分かりません。)

ここで、Richard先生は$7.50のT-shirtと$750のcameraを示して

R/ Both are seven fifty.
(どちらも セブン フィフティ。)
What’s about it?
(どうですか?)

E/ You say it’s common sence don’t you?
(もしかすると、それは常識だと言いたい
のですか?)

R/ Yes,“common sence”.
(そう、「常識」。)

そうです。「同じ意味」と言われたので混乱してしまいましたが、「同じように発音」されるけど、価格は3桁も違う訳だから間違えることはない。ということです。

T-shirtを「seven fifty」と言われて「seven hundreds and fifty sents」払う人はいないのは良く分かりました。私が喰いついたのは、「both means」だったのですが、この表現も「common sence」なのでしょうね。

次回は「Confirm(確認する)」です。

So, see you next time.
(では、また次回まで。)