> 【健康RYOKO 81】 オナラのしくみ | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【健康RYOKO 81】 オナラのしくみ

健康RYOKO

古来から食物繊維を含む穀物を多く摂っていた日本人に比べて、肉類を多く摂る欧米人は大腸が短くできているそうです。

腸内に留まる時間を短くすることで、内容物の腐敗を防ぐためです。日本人は、肉類を食べると腸内の滞留時間が長くなり、便秘しやすくなります。

滞留時間が長いと、内容物が発酵や腐敗をして、ガス(炭酸ガスやメタンガス)が発生します。これがオナラの正体ですが、そのうち70%は食事の時に一緒に飲み込んだ空気です。

通常は腸管から吸収されますが、多量に発生すると吸収しきれずに、オナラとして体外に出ていきます。オナラを我慢すると、腸管から血液中に溶け込んで体内を巡り、一部は尿に溶け込んだり肺を通じて呼気として口から出ていきます。