> 【健康RYOKO 87】 しゃっくり | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【健康RYOKO 87】 しゃっくり

健康RYOKO

しゃっくりは、横隔膜が痙攣して起きます。
これは、胎児期の名残とも言われています。

胎児は母体にいる時、羊水に浸かっています。
羊水中のゴミが鼻やノドに入った時、ゴミを除去するために、横隔膜が痙攣を起こしてゴミを吸い込むと同時に肺にいかないように声帯を閉じます。

その反射運動がしゃっくりです。
しゃっくりが出るのは、緊張している時や、体調が悪い時が多く、気持ちや体調が収まるとしゃっくりも自然を治まります。