> 【英語でしゃべりたいかも!? 106】 It’s OK. | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 106】 It’s OK.

英語でしゃべりたいかも!?

まずは、2つの例文をご覧下さい。

例文1
A. Could you open the door ?

B. Sure,it’s OK.

例文2
C. would I open the door?

D. It’s OK. Thanks, anyway.

例文1と例文2の「It’s OK」の違いが分かりますでしょうか?

同じ「It’s OK.(大丈夫です。)」ですが、例文1ではドアは開きますが、例文2では、ドアは開きません。

つまり、例文2は
「(開けなくても)大丈夫ですよ。でも、ありがとうございます。」という
気持ちです。

この2つの例文の違いは、

「Could you~」あなたに窓を開けて欲しいのか?
「Would I~」私が窓を開けてあげようとしているのか?

という違いです。

実はDのセリフは私が本当にやってしまった会話で、その時のTaeko先生と私の間違ったやり取りは下記の通りです。

T/ Would I open the door?

E/ It’s OK.Thank you.

私はドアを開けて欲しくてこう返事をしてしまいましたが、Taeko先生に指摘されました。誰かが私のために何かをしてくれようと「Would I~」と言われたら「No,Thank you.」と断るのだけが英語ではありません。

これは寧ろ日本語的表現ではないでしょうか?

ただ、注意すべき事は例文2のD氏が返事をしましたように

Thanks,anyway.

と、このphraseを覚えて下さい。

では、次回は「I can make it in twelve. 」です。

So,see you next time.
(また、次回まで。)