> 【英語でしゃべりたいかも!? 113】 Deadline② | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 113】 Deadline②

英語でしゃべりたいかも!?

前回に続き「deadline」です。
日本語では(納期あるいは、期限に間に合う。)という表現があります。
この(間に合う)というのを英訳するとどうなるのでしょうか?

It meets a deadline.

日本語でいう(間に合う)は「meet」です。
(間に合わない)は、

It misses a deadline.

しかし、事前に納期を連絡する場合
「It」が主語では他人事のような感じがします。
特に客先に遅れる報告の場合、下記の表現はいかがでしょうか?

We may not be able to meet the due date.
(納期が間に合わないかもしれません。)
※not be able to は、(~が出来ない)

主語を「We」にすることでこちらも努力していることが伝わります。
また、行きなり(間に合わない)という報告は洋の東西を問わずご法度ですね。「may」を使って婉曲な表現になります。

因みに、同じ(間に合う)でも、約束の時間に(間に合う)は、

I’ll be on time.
(時間通り行きます。)

次回は「Browse」です。

So,see you next time.
(では、次回まで。)