> 【英語でしゃべりたいかも!? 117】 Introduce ~to ② | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 117】 Introduce ~to ②

英語でしゃべりたいかも!?

以前、このphraseをご紹介したことがありますが、覚えておいででしょうか?
下記の例文をご覧下さい。

①Could I introduce you to Matt ?

②Could I introduce Matt to you ?

上記は、どちらも
(あなたにマットを紹介させて下さい。)
と訳されます。

私は、cofuse(困惑)して二人の先生に確認しましたが、二人とも
「Both O.K.」

「英語は理屈ではない」と納得したのが以前のコラムでした。
しかし、新しい情報が入って来ました。

というのは、「あなた」に「Matt」を紹介するのも「Matt」に「あなた」を紹介するのも英語はあまり重要ではないということです。

日本語は「あなた」が目上の人であったり客先であれば、当然「Matt」に「あなた」を紹介することはあり得ません。まずは目下から目上の人に「名を名乗る」あるいは紹介するのが日本の常識だからです。

上記例文は、厳密にいうと
①Mattにあなたを紹介させて下さい。
②あなたにMattを紹介させて下さい。
となりますが、和訳すると①は不自然な日本語になってしまいます。
ですから、和訳は②のみとなっています。

やっと、納得出来ました。

次回は「Report to」です。

So ,see you next time.
(では、次回まで。)