> 【英語でしゃべりたいかも!? 118】 米国の中央省庁 (Vol.116再) | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 118】 米国の中央省庁 (Vol.116再)

英語でしゃべりたいかも!?

Vol.116で「米国の中央省庁」をご紹介しましたが、(内務省)のところから「Department」が「Development」に変わっていました。

この視界RYOKOをご愛読頂いています方からご連絡を頂きました。
ありがとうございます。
改めて訂正をいたし、お詫び申し上げます。

● the Department of State(国務省)

● the Department of Defense(国防総省)

● the Department of Homeland Security(国土安全省)

● the Department of the Treasury(財務省)

● the Department of Commerce(商務省)

● the Department of Education(教育省)

● the Department of Energy(エネルギー省)

● the Department of Health and Human Service(保健福祉省)

● the Department of Housing and Urban Development(住宅都市開発省)

ここから字が間違えていました。

● the Department of the Interior(内務省)

● the Department of Justice(司法省)

● the Department of Labor(労働省)

● the Department of Transportation(運輸省)

● the Department of Agriculture(農務省)

● the Department of Veterans Affairs(復員軍人省)

①日本の中央省庁と比較して歴然としたのは、表現が簡単であることです。
勿論、日本も自国向け(日本語)は簡素になっていますね。

②「~省」は、日本の「Ministry」に対して米国は「Department」。
調べてみると、英国も「Department」でした。

③また、面白いのが、日本の「厚生労働省」に「Labour」が使われていましたが、米国は「Labor」です。
「Labour」は英国式です。
因みに英国も確認してみますと、「Work」が使われいました。

日本も模倣しながら「originality」に苦労しているのでしょうか?

これからもお気づきのことなどありましたらどしどしご連絡ください。
よろしくお願いします。

次回は「Report to」です。

So, see you next time.
(では、次回まで。)