> 【英語でしゃべりたいかも!? 120】 日時に関する前置詞 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 120】 日時に関する前置詞

英語でしゃべりたいかも!?

単語によって前置詞が変わることがあります。
また当たり前ですが、前置詞によって意味合いが変わります。

これは、このコラムをご愛読頂いています方からこの日時に
関する前置詞の違いについてのお問い合わせがありましたので調べてみました。

まずは、約束の時間に伺おうとしている場合、

①I’ll be on time.
(時間通り伺います。)

②I’ll be in time.
(時間までには伺います。)

今度は、具体的な時間を言った場合、

①I’ll be at 10a.m.
(午前10時に伺います。)

②I’ll be by 10a.m.
(午前10時までに伺います。)

この②の場合について「by」と「till」との違いは? というとこうなります。

・I’ll be there by 10a.m.
(10時までにそちこちに伺います。)

・I’ll be here till(until) 10a.m.
(10時までここにいます。)

つまり、till(until)は10時まで同じ状況(あるいは場所)が続いている訳ですから
10時には間に合いません。

続いて曜日と日にちです。

I’ll be comeing on Monday next week.
(来週月曜日に参ります。)

I’ll be coming in April.
(4月には参ります。)

I’ll be coming on Tuesdayday April third.
(4月3日の水曜日に参ります。)

以上が全てではないと思いますが、
また、気になるものがありましたらご案内致します。

次回は「Do you have a minute?」です。

So,see you next time.
(では、また次回まで。)