> 【英語でしゃべりたいかも!? 136】 死生観 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 136】 死生観

英語でしゃべりたいかも!?

今回はとんでもないテーマを掲げてしまいました。
私事ですが、私の父は15年前に他界しました。
これを英語で表現すると、

My father has been dead for 15 years.
(私の父は、寿命が切れた状態が15年間ずっと続いています。)

文法的にいうと現在完了形です。

これが、日本人と欧米人(今回は敢えてこう欧米人と限定して表現します)の「死生観」の違いということのようです。

先の私の日本語をそのまま英語にすると、

My father was dead 15years ago.

となります。

この表現を紹介して下さった筆者は、宗教の違いとも云ってました。
しかし、日本語にもこんな言い方がありますよね。

(私の父は亡くなって15年が経ちます。)

これは、亡くなった人への未練を感じますよね。
宗教や死生観ではなく、亡くなった人への思い入れや覚悟が出来たかどうかの違いではないでしょうか?

次回は「Discount」です。

So,see you next time .
(では、次回まで。)