> 【英語でしゃべりたいかも!? 137】 Discount | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 137】 Discount

英語でしゃべりたいかも!?

先ずは、下記の会話をご覧下さい。

Mr.Azumi: How much are these ?
(これは、いくらですか?)

Mr.Tanaka:We sell these products for 100 dollars per unit.
(1台100ドルでお売りします。)

Mr.Azumi: Do you offer discounts?
(値引いて頂けますか?)

Mr.Tanaka:I can offer 10%down,
(10%引けます。)

Mr.Azumi: Could you make that cheaper ?
(もう少し安くなりますか?)

まず、「Do you offer discounts?」ですが、日本語にすると

(値引いて頂けますか?)となります。
しかし、英語は主語が「You」の場合と「I」の場合があるということです。

普通は「値引く」のは売り手側です。ですから、お願いする時は「Can you」か「Could you」となります。

それを「I」にすると、

Can I have a discount?

と言うことができます。
時々混乱しますけど・・・。

次に「cheaper」です。

これは、No goodです。
「cheap」は「安っぽい」というイメージがあるそうです。ですから
上記の場合、

Could you make that less expensive?

この方がいいそうです。
そう言えば、フランス語には「安い」という言葉はないと聞いたことがあります。

次回は「Appreciate」です。

So,see you next time .
(では、次回まで。)