> スポ-ツRYOKO 〈WEB96〉 【クライマックスシリ-ズ】 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

スポ-ツRYOKO 〈WEB96〉 【クライマックスシリ-ズ】

スポーツRYOKO

2013年今後セリ-グの関心は3位がどのチ-ムになるかでしょう。1位と2位は巨人と阪神でほぼ決まりとの前提でコメントしたいと思います。

現状(8月23日現在)3位は広島です。
2007年からクライマックスシリ-ズが始まりましたがまだ出場していないチ-ムは広島とDeNAの2チ-ムです。

しかし今年の広島は最大のチャンスが来た気がしています。昨年もこの時期も同じような展開でしたが9月にまさかの失速でクライマックスシリ-ズ出場を逃しました。

ですから昨年を教訓にこれからの9月戦線には昨年のような事のないように十分な対策は取っていることでしょう。

ここにきてエ-ス前田健太投手の安定感は素晴らしいものがあります。他の投手も以下の3球団よりは駒がそろっているように思えます。

中日については故障者が多く中でもエ-ス吉見投手と4番のルナ選手の離脱は今後も非常に厳しい戦いとなるでしょう。

しかし中日には優勝経験者も多くここ一番での強みはあるように思います。DeNAも広島同様クライマックスシリ-ズにまだ出場がないので出場への思いは強く、打線は破壊力十分なので投手がもう少し踏ん張れば出場も夢ではないでしょう。

現在最下位のヤクルトは残り試合を考えると非常に厳しい気がしますのでヤクルトの注目はバレンティン選手の本塁打日本新記録でしょうね。

最終的にどのチ-ムが3位に入るかわかりませんが是非勝率5割以上での出場を望みます。

*過去6年間の3位チ-ム成績
・2007年 阪神   74勝66敗 2引分  勝率.529
・2008年 中日   71勝68敗 5引分  勝率.511
・2009年 ヤクルト 71勝72敗 1引分  勝率.497
・2010年 巨人   79勝64敗 1引分  勝率.552
・2011年 巨人   71勝62敗 11引分  勝率.534
・2012年 ヤクルト 68勝65敗 11引分  勝率.511

2013年8月23日 倉本記