> スポ-ツRYOKO 〈WEB104〉 【個人タイトル・セリ-グ編】 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

スポ-ツRYOKO 〈WEB104〉 【個人タイトル・セリ-グ編】

スポーツRYOKO

プロ野球のペナントレ-スも終了しクライマックスシリ-ズ、日本シリ-ズの戦いになっています。

上位3位チ-ム以外は来年の優勝に向けて始動しています。監督の交代も発表された球団もあり各チ-ムの動向も今後注目したいと思います。

さて今年のセリ-グ個人タイトル受賞者を見ると、バレンティン選手(ヤクルト)の日本記録60本での本塁打王と最高出塁率、ブランコ選手(DeNA)の首位打者、打点王、マ-トン選手(阪神)の最多安打受賞で打者部門では外国人選手が独占しました。

その中で唯一丸佳浩選手(広島)が盗塁王を受賞しました。

投手部門でもメッセンジャ-投手(阪神)の最多奪三振とマシソン投手(巨人)が最優秀中継ぎを受賞しています。

この結果を見ると外国人選手の存在が今年のセリ-グは大きかったと感じます。しかしバレンティン選手、ブランコ選手がいたヤクルト、中日は今年下位チ-ムに低迷したのは打線のつながりと投手力が足りなかった事が原因でしょうね。

来年は下位チ-ムの補強が上手くいけばセリ-グも今年以上に3位争いがおもしろくなりそうですね。(希望としては優勝争いもおもしろくしてほしいですが・・・)

最後に来年は日本人打者の受賞者が多く出る事を期待しています。

2013年個人タイトル受賞者【セリ-グ】
・首位打者   ブランコ(DeNA)     .333
・最多本塁打  バレンティン(ヤクルト) 60本
・最多打点   ブランコ(DeNA)     136打点
・最多安打   マ-トン(阪神)      178本
・最高出塁率  バレンティン(ヤクルト) .455
・最多盗塁   丸佳浩(広島)       29個
・最優秀防御率 前田健太(広島)     2.10
・最多勝利   小川泰弘(ヤクルト)    16勝
・最多奪三振  メッセンジャ-(阪神)   183個
・最多セ-ブ  西村健太朗(巨人)    42セ-ブ
・最優秀中継ぎ 山口鉄也(巨人)     42ホ-ルド
          マシソン(巨人)      42ホ-ルド

2013年10月19日 倉本記