> 【英語でしゃべりたいかも!? 153】 Best 解答編 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 153】 Best 解答編

英語でしゃべりたいかも!?

前回のこのコラムで日本語の「こちらは○○で最も優れた○○の一人」の表現が少し曖昧に使われているのではないかというラジオの投稿をご紹介しました。

この日本語が正しいか否かはこのコラムの趣旨ではありませんので、敢えて不問と致します。

さて、本題は英語でいう「Best」ですが、この日本語同様に「Best」も「One of best(最も優れたものの1つ)」や「Best ten(最も優れた10)」という表現の使われ方をされているのでしょうかということです。

私が嘗て習った比較級はこうでした。

good = 良い

good + more = better より良い

good + most = best 最も良い

勿論、この時の「best」に修飾する主語は単数形でしたから「best」は「最も優れた、ただ1つ」という認識でした。

この調査は少し難航しましたが、見つけました。
その例題がこれです。

Who are the ten best hitters?
(ベスト10に入っている打者は誰がいますか?)

英語では「ベストテン」ではなく「ten best」と語順が違っています。

打者の「ベストテン」ですから、「ベストドレッサー」等と違ってちゃんと数値で比較出来るものです。つまり日本語の「最も」より「Best」の方が広範囲に使われていることが分かります。

納得いただけましたでしょうか?

次回は「see or watch」です。

So,see you next time.
(では、次回まで。)