> 【英語でしゃべりたいかも!? 157】 don’t~ much | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

【英語でしゃべりたいかも!? 157】 don’t~ much

英語でしゃべりたいかも!?

私たち社員が月に1度英会話の勉強をしていたことがありました。
オーストラリアの先生に来て頂き、2グループが約1時間ずつ授業を受けていました。

その先生を最寄りの駅まで私が送迎していたのですが、ある日、授業が押して帰りの電車の時間が迫ってきたので、

We have no time.
(私たちには時間がありません。)

と言ったのですが、
正確には今日のテーマ

「don’t ~much」を使って、

We don’t have much time.
(私たちにはあまり時間がありませんよ。)
とすべきだったのでしょうね。

そこで、この「much」や「many」などを否定形を使った場合を私といっしょに復習して下さい。

much = たくさん(量)
many = 多くの(数)

上記言葉が否定(not)されたら

There aren’t many peoples
(あまり人はいません。)

There are not much money.
(あまりお金はありません。)

では、
①some = 少しの(数、量)
②a little = 少しの(数、量)

上記言葉が否定されたら

①There isn’t any money.
(まったくお金はありません。)

 「some」「any」に変わります。

②There are little moneys.
(ほんの少ししかお金はありません。)

 「a」がなくなります。

①の場合

There is no money.

と同じです。

冷静に考えると分かるのですが・・・・。
あっ!また愚痴ですね。

次回は「vary」です。

So,see you next time.
(では、次回まで。)