> ASEAN RYOKO (No.47) ワンポー(父の日)はタイの特別な日 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO (No.47) ワンポー(父の日)はタイの特別な日

ASEAN RYOKO

12月5日はタイ人にとって特別な日です。
この日はプミポン国王の誕生日でタイは祝日となります。

プミポン国王はタイ人から絶大なる信頼を受け、父親のように慕われていることから、「父の日(ワンポー)」とも呼ばれています。(*タイ語でワンは日、ポーは父)

プミポン国王は今年87歳の誕生日を迎えられましたが、首都バンコクの王宮で開かれる恒例の祝賀式典は国王の体調不良を理由に取りやめとなりました。

国王は在位68年と世界の国家元首で最も長く、国王の発言に対する影響力はとても大きいのです。

今年5月のクーデーター後、国王の承認を得て軍主導の暫定政権が国政を担っており、国王が誕生日の演説で政治情勢にどう言及するかが注目されていましたので残念です。

国王はここ数年、健康状態が不安定で、もしものことがあったらタイとしてはえらいことです。誰も口に出しては言わないものの、タイ人は皆、そのXデーを恐れているのです。

Xデーが来たら、政治、経済など国の活動がしばらく止まるかも知れません。
それでなくとも、現在タイ経済は低調ですから、とても心配ですね。

写真はバンコクの街角で撮影した、国王の誕生日を祝う集まりの風景。

王室のシンボルカラーである黄色の服を着た人が目立ちます。

手にロウソクを持ち、誕生日のお祝いとともに国王の健康回復を祈っているのだと思います。
私ももらった黄色いロウソクに火を付け、タイ人と一緒にプミポン国王の回復をお祈りしました。

いつか必ずやって来るXデー、さて一体どうなるのでしょうか?

2014年12月8日(月) 長井