> 相場情報(2015.5.7) WTI原油価格が1バレル60ドル台に乗せる。年初より約15%価格上昇。 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

相場情報(2015.5.7) WTI原油価格が1バレル60ドル台に乗せる。年初より約15%価格上昇。

RYOKOかわら版

【鉄鋼相場】

5月5日のLMEニッケル相場は1トン当たり1万4千125ドル。
重量1ポンド当たり6ドル41セント。

前回発信の4月24日が1万2千850ドル(1ポンド5ドル83セント)でしたので1千275ドルも一気に上がりました。

4月2日が1万2千925ドルでしたので1か月で1千200ドル、約9.3%上がっています。
LMEホームページ

【業界のハナシ】

5月7日6:14のWTI原油価格は1バレルあたり60ドル69セント
前回配信の4月28日の56ドル67セントから4ドル02セントの上げ。

年初より約15%上がってきました。
ガソリン価格も上がってくるか?

為替は東京三菱UFJ銀行 )5月7日6:10のUSD(TTS)が119円73銭
前回発信の4月28日USD(TTS)が119円33銭でしたので40銭上がっていますがここのところ119円台で推移しています。

5月7日6:10のユーロ(TTS)は135円81銭。
先週4月28日は129円85銭でしたので5円96銭の円安。

日経平均株価 5月1日の終値は1万9千531円63銭
先週4月27日の1万9千983円32銭から451円69銭下がりました。

ニューヨークダウ工業株30種平均 5月6日の終値は1万7千841ドル98セント
先週4月27日の1万8千037ドル97セントから195ドル99セントと大きく下げています。

【まとめ】

5月連休明けの相場はニッケルがポンド6ドル半ばまで回復。
原油価格は3月に1バレル当たり50ドルを下回っていたが60ドル台に回復。

為替はドルに対し動きなし、ユーロは135円台まで円安が進む。
株価は国内株は1万9千円半ばを推移、NYダウ30種平均は3週間ぶりに1万8千ドルを下回る。