> 相場情報 (vol.2) LMEニッケル、5週連続下げてポンド4ドル58セント | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

相場情報 (vol.2) LMEニッケル、5週連続下げてポンド4ドル58セント

RYOKOかわら版

【鉄鋼】

8月21日のLMEニッケル相場は1トン当たり1万105ドル。
重量1ポンド当たり4ドル58セント。
先週比マイナス3.72%、390ドル下げて今年の最安値を5週続けて更新しています。
(LMEホームページhttp://www.lme.com/en-gb/metals/non-ferrous/nickel/

新日鐵住金ステンレスの原料価格(7月度)は、ニッケルがポンド当たり5ドル16セントで先月比64セント下がりました。クロムがポンド当たり116セントで先月と変わらず、為替が1ドル124円25セントで先月比50セントの円安での設定です。
新日鐵住金ステンレス:http://nssc.nssmc.com/updates/prices_jp/materialshttp://nssc.nssmc.com/updates/prices_jp/materials

東京製鐵の9月販売価格はベース価格でH形鋼がキロ77円、ホットコイルキロ63円、溝形鋼キロ77円、異形棒鋼キロ62円、厚板キロ72円、熱延鋼板キロ67円。全品種先月から据え置きです。
(東京製鐵:http://www.tokyosteel.co.jp/price.html

【エネルギー】

8月25日4:52のWTI原油価格は1バレルあたり38ドル20セント。
http://nikkei225jp.com/oil/
先週比マイナス9.91%、4ドル20セントセントの下げ。
9週連続下がりました。

Brent原油は42ドル55セント。
先週比マイナス12.52%、6ドル9セントの下げ。

【為替】

為替は東京三菱UFJ銀行8月25日4:50のUSD(TTS)が119円14銭。
(http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.html)
先週比5円50銭の円高。

同じくユーロ(TTS)は137円94銭。
先週比10銭の円高。

韓国ウォンは1ドル1190.73KRW。
(http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=USD&t=KRW)
先週比8.43KRWのウォン安です。

【株式】

日経平均株価8月24日の終値は1万8千540円68銭。
http://nikkei225jp.com/chart/
先週比2千79円58銭下がりました。
10.09%の下げ。

ニューヨークダウ工業株30種平均8月24日の終値は1万5千873ドル62セント。
http://nikkei225jp.com/nasdaq/
先週比1千671ドル56セント下げています。
9.53%の下げ。

上海総合指数8月24日の終値は3千209.91ポイント。
http://finance.yahoo.com/q?s=000001.ss
先週比783.76ポイントのマイナスで19.63%下がりました。

韓国総合指数8月24日の終値は1千829.81ポイント。
http://www.nomura-am.co.jp/market/world.html
先週比138.71ポイントのマイナス、7.05%下げています。

【東京製鐵9月販価発表】

8月18日、東京製鐵が9月の販売価格を発表しました。価格は全品種据え置きです。

東京製鐵ホームページのコメント。
「建材品種は、猛暑や盆休みからくる進捗遅れ、稼働低下によって、荷動きが若干低調ではあるものの、夏季減産のため需給バランスが崩れる状況にはなく、また遅れていた物件が今後具体的に動き出すものと思われます。一方で鋼板品種は、在庫過剰で、また輸入材の売込みも激しく、足元の市況は弱含み状況ですが、秋口以降は製造業向けの稼働も上がってくることが予想され、需給バランスは改善の方向に向かうものと思われます。今月の価格は全品種据置とします。引き続き需要に見合った生産を継続し需給調整に努めます」
(東京製鐵ホームページ:http://www.tokyosteel.co.jp/price.html