> ASEAN RYOKO No.150 「タイ会社紹介(41):ボルト、ナット等締結部品の製造メーカー」 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO No.150 「タイ会社紹介(41):ボルト、ナット等締結部品の製造メーカー」

ASEAN RYOKO

今回ご紹介するのは、ウェルグロウ工業団地にあります、ボルトやナット等の締結部品を製造販売するY社さんです。

弊社HPを見られた駐在員のSさんからお引合いをいただいたことをきっかけに、先日工場をお伺いし、取材させていただきました。

以下、Y社さんの会社概要です。
・日本本社:愛知県北名古屋市
・タイ拠点設立:2000年2月(2006年7月:工場移転)
・従業員数:251名(内日本人 4名)
・事業内容:ボルト、ナット等の締結部品の製造・販売(一部商社機能を持つ)
・主要顧客:自動車メーカー、自動車部品、二輪部品メーカー、家電部品メーカー他
・主な保有設備:
 →ナットフォーマー:7台、ボルトフォーマー:7台、パーツフォーマー:1台
 →2-2ヘッダー:4台、2-3マシン:2台、ヘッダーマシン:5台、割りダイスヘッダー:1台
 →自動転造機:20台、手動転造機:2台、タップマシン:19台
 →CNC旋盤:7台、ポリゴンマシン:4台、プレス機:1台
 →スポット溶接機:2台
・製造可能範囲
 →ヘッダー:4×8~8×100
 →ナットフォーマー:M4~M14
 →ボルトフォーマー:M5~M12×100L
 →CNC旋盤:φ3~φ45
・主な検査設備
 →投影機、形状測定機、ビッカース硬度計、トルク試験機、画像測定機(イメージメジャー)
 →材料成分分析機、メッキ膜厚測定機、塩水噴霧試験機
・認証取得:TS16949、ISO14001

<Y社さんの特徴と強み>
●ボルトとナットの両方とも自社で製造可能
 →締結部品の場合、製造工程の関係上、ボルトだけ、ナットだけを製造するメーカーが
一般的なのに対し、Y社さんはその両方が自社で製造できます。
●検査設備を充実させた品質保障体制
 →材料成分分析機や塩水噴霧試験機などを保有し、外部検査機関に依頼しなくとも
自社内で検査、判定できる体制を整えています。
●受発注、在庫、納期管理はバーコードを活用した一元管理を実施
 →日本本社で実績のあるシステムを導入しています。
●最適価格を実現するためのグローバルネットワーク体制
 →自社製造品以外に、タイ外注先、海外グループ工場からの輸入品の取り扱い可能です。
 →海外グループ工場・会社:日本、中国、インドネシア、台湾

※今回ご紹介したY社さんにご興味のある方は、RYOKOの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail:hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス:http://www.ryokotrading.co.th/