> 日本のものづくり会社紹介(104):銅合金鋳造技術で日本の産業に貢献します | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

日本のものづくり会社紹介(104):銅合金鋳造技術で日本の産業に貢献します

日本のものづくり会社紹介

MC社は創業当初から銅合金の鋳造設備を構え、地元の舶用ポンプメーカーなどへタービン及びポンプ部品の供給と建設機械メーカーへショットブラスト設備を活用した表面処理(塗装)で社会に貢献する会社です。

古くて新しい金属加工技術「鋳造」。日本古来からある鋳物の鋳造技術は、21世紀の産業でも幅広い分野で利用されその重要度は変わりません。日本は世界第4位の「鋳物」生産国で、高度な技術力、生産力を要する高付加価値製品で世界をリードする産業でもあります。イメージは地味ですが、あらゆる産業のどこかで必ず利用されているものでもあります。

鋳造工法は材料のインゴットを溶解炉などで熱し、溶けた金属をあらかじめ木型によって模った砂型へ流し込み、一瞬でカタチにすることが出来る工法です。ただこう言った工場は環境的に新たな工業団地には進出できないなどの制約もあります。また自動化は巣などの発生により望めませんから手作業がつきものです。しかしそういった特性も匠の技で克服できます。その様な固有技術をもつ会社は永遠に社会に貢献できるのです。

 

以下、会社概要です。

  • 本社 : 広島県広島市
  • 設立時期 : 1957年4月(創業 1950年2月)
  • 資本金 : 1,000万円
  • 従業員数 : 20名(2020年9月現在)
  • 事業内容 : 銅合金鋳造・ショットブラスト及び塗装処理
  • 製造品目 : タービン及びポンプの銅合金鋳造品、建設車両部品のショットブラスト及び塗装処理
  • 主要設備 : 可傾式溶解炉/2台、型打機/2台、撹拌機/1台、ショットブラスト設備/1式、モノレールブラスト設備/1式、ショットタンブラー/2台、コンプレッサー/1台、旋盤、フライス盤、他

<特徴と強み>

  • 銅合金鋳造設備とショットブラスト及び塗装設備を併設している。
  • 大型エアーブラスト設備がある(1000×1200H×7000L)
  • 最適なコストで供給できる。

MC社にご興味のある方は、菱光産業 株式会社 企画部 ソリューションチームの宮本までご連絡をお願い致します。

<お知らせ>

ものづくり企業ポータル(サイト)をリニューアル致しました!
本格的には昨年の2月からスタートしたので、まだ小さなサイトですが徐々に大きくしていきます。随時、掲載企業を募っておりますので是非ご検討頂きたく宜しくお願い致します。

https://www.plant-haikan.com/