> 日本のものづくり会社紹介(106):「 創造する喜びを大切に 」を合言葉に 取り組んでいます | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

日本のものづくり会社紹介(106):「 創造する喜びを大切に 」を合言葉に 取り組んでいます

日本のものづくり会社紹介

大物の機械加工が得意な兵庫県姫路市の金属加工会社「株式会社宝角合金製作所」をご紹介します。

創業以来培ってきた技術力としなやかな発想で、お客様のニーズに対応した新技術や独自性の高い製品作りに全社員が「創造する喜びを大切に」を合言葉に取り組んでいます。
対応材質は鋼各種・AL材・SUS材・鋳物(FC・FCD・AL系・Bc系)鍛造材・特殊合金鋼・工具鋼など。加工範囲は旋盤(Φ1,000×2,000L)、立型マシニング(700mm×1,500mm)、横型マシニング(800mm×800mm)で比較的大型なワークの加工が可能です。

同社の主な3つの特徴は、様々な材質で鋳物の大物異形状切削品が得意なことです。一般的には素材の鋳物は表面が凸凹しており、それらを無視すると上手くクランプが出来なかったり、直角や平行が出なくなります。こういう製品は作業品質を安定させるために独自の治工具を製作し、熟練した技術者の豊富な経験により、高品質な製品を提供することが出来ます。

2つ目の特徴は機械加工と溶接を施した複雑な形状の加工が社内で一貫して出来ることです。溶接したワークの切削にはチャッキング等の工夫が必要で、熱影響で歪んだ製品をそれぞれのノウハウで施工することが重要となります。加工実績も経験も豊富な同社は一貫して社内で加工することが出来るので、リードタイム短縮と高品質で安定的な供給が可能です。

3つ目の特徴は一貫した生産が行える点です。
同社の内製率は約90%を実現。表面処理や熱処理などは専門特化した数多くの信頼できる協力会社と連携しますが、多工程にわたる製品のタイムロスをなくしリードタイムの短縮が可能になります。また加工だけではなく社内に保有している三次元測定器、面粗さ測定器、輪郭形状測定機などで品質保証体制も確立しています。

2020 年8月に第二拠点として本社から車で約5分の位置に妻鹿工場が稼働しました。
同工場では自動化+大型部品に特化した専用工場です。

将来の展望について「若い方のものづくり離れが多くなっている。ものづくりのワクワク感や楽しさを少しでも知ってもらう活動をしたい」と話す次期代表者の口ぶりは、明るい未来が想像できる自信に満ち溢れたものでした。

以下、会社概要です。

  • 本社 : 兵庫県姫路市
  • 設立時期 : 1959 年 (創業時期:1929 年)
  • 資本金 : 2,000 万円
  • 従業員数 : 52 名(2020 年10 月現在)
  • 認証取得 : ISO9001:2015
  • 業務内容 : 機械加工及び製缶加工
  • 製造品目 :
    射出成型機用リンクホルダ、トグルリンク、スペーサー、クドウジク、他
    動力伝達/制御機器用シューサポート、他
    ポンプ用ケーシング、他
    製鉄保守部品用ライナー、ハウジング、他
    食品業界用マンドレル、コネクションボディ、他
    ダイカストマシン用センサーホルダ、コウソクチェックバルブ、他
    自社製品バンブーミル(竹粉砕機)
  • 主要設備 :
    横型マシニングセンター/2 台、立型マシニングセンター/8 台、五軸制御立形マシニングセンタ、NC フライス盤/2台、平面研削盤、NC 旋盤/16 台、複合旋盤/5 台、汎用旋盤/6 台、円筒研削盤/2 台、万能研削盤、横中ぐり盤、ラジアルボール盤/2 台、円周自動多層盛溶接機、半自動溶接機/2 台、TIG 溶接機、三次元測定器、表面粗さ・輪郭形状複合測定器、他

<特徴と強み>

  • FC・FCD・AL・SUS・Bc 系などの鋳物の大物異形状切削品の中ロット生産が得意
  • 機械加工から溶接までの社内一貫対応で複雑形状機械部品のリードタイム短縮が可能
  • 材料調達~機械加工~溶接~熱処理~表面処理~品質検査~出荷までを一貫対応

株式会社宝角合金製作所にご興味のある方は、菱光産業 株式会社 企画部 ソリューションチームの宮本までご連絡をお願い致します。

<お知らせ>

外注先検索サイト/ものづくり企業ポータルをリニューアル致しました!
まだ小さなサイトですが徐々に大きくしていく計画です。
随時、掲載企業を募っておりますので是非ご検討頂きたく宜しくお願い致します。

https://www.plant-haikan.com/