> RYOKO TIMES「耐熱塩ビについて」 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

RYOKO TIMES「耐熱塩ビについて」

RYOKO TIMES

営業開発部の各担当が、日々の業務を通じて感じたこと、おしらせしたいことを、週に1回 交代制で発信する【RYOKO TIMES】。

第8回の今回は、木川より発信します。

温水などで使用する「耐熱塩ビ」の配管材はご存知と思いますがメーカーや取扱業者で名称が違って紛らわしいです。

・耐熱性硬質ポリ塩化ビニル 
・耐熱塩ビ 
・C-PVC(Chlorinated Polyvinyl Chloride)
・HT(High Temperature)
・スーパーパイプ(旭有機材)

どれも「耐熱塩ビ」なのですが、複数の呼び方がありまぎらわしいので弊社では「HT(耐熱)C-PVC」と明記しています。

耐熱塩ビ 

最高使用温度は90℃ですが、許容圧力は温度条件により変動します。
「JIS K6776 耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管 呼び径13~50」の規定では最高許容圧力が5~40℃で1.0MPa 71~90℃だと0.2MPaとなっています。
呼び径50以上についてはお問い合わせください。

※それぞれのメンバーは毎月2回、各自の担当のお客様にメール配信をしております。
 気に入ったメンバーがいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
 配信先に加えさせていただきます。