> 新設備導⼊で薄板板⾦の切断品質・エッジの R ⾯取りなど⾼まる加⼯仕様ニーズに対応 | 菱光産業株式会社

業界情報をお届け!視界RYOKO

新設備導⼊で薄板板⾦の切断品質・エッジの R ⾯取りなど⾼まる加⼯仕様ニーズに対応

日本のものづくり会社紹介

■「株式会社浜本⼯作所」

 

ファイバーレーザーVENTIS-3015AJ

 

広島県呉市に本社を置き精密部品・薄板板⾦加⼯を⼿掛ける株式会社浜本⼯作所が、この度「ファイバーレーザー加⼯機」「バリ取り機」の新設備を導⼊。

 

導⼊したファイバーレーザー加⼯機であるアマダ製「VENTIS-3015AJ」は、定格出⼒ 4kwの発振器を搭載し最⼤で 3070×1550×100 の加⼯範囲を備えながら、鉄やステンレスはもちろん、アルミ・チタン・銅板・真鍮板などの材質に対応できるファイバーレーザー加⼯機となっており、従来のものよりも加⼯速度とワークの切断品質が向上、加えて同時に導⼊した Authentec 製バリ取り機「AuDeBu 1000」は幅 1,000mm までの中物ワークや⼩物ワークのバリ取り加⼯を⼀度に⼤量処理することのできる R ⾯取り加⼯に強いバリ取り機となっています。

 

ファイバーレーザーVENTIS-3015AJ

ファイバーレーザー「VENTIS-3015AJ」

バリ取り機AuDeBu 1000

バリ取り機「AuDeBu 1000」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイバーレーザー加⼯機による⾼い精度と切断品質で切り出されたワークを、⾼品質な R⾯取り加⼯を可能とするバリ取り機によってエッジ処理することにより、薄板板⾦製品に求められる精度やワークのエッジ処理といった今後も⾼まるニーズに応えつつ、保有するファイバーレーザー溶接ロボットによる⾼速・⾼品質な溶接と組み合わせることにより、⾼
い品質を有する⼯程によって加⼯される製品を試作品から量産品までニーズに応じて提供できる体制に磨きをかけました。

もとより同社は測定機械や印刷機械向け部品を扱っていることもあり、⼯程毎の作業管理の徹底や品質基準の統⼀から製品の持ち運び⽅法など細かな部分にいたるまで、常に品質向上に向けての取り組みを⾏っており、今回の新設備導⼊により同社の製品全体の更なる品質向上が⾒込まれます。

■会社概要

  • 本社 広島県呉市
  • 設⽴時期 1984 年
  • 資本⾦ 300 万円
  • 従業員数 12⼈
  • 事業内容 精密測定器部品加⼯、⾃動⾞関連部品、精密レーザ加⼯、各種プラント部品加⼯、各種製⽸作業

 

■特徴と強み

  • 取扱い部品で培った品質と⾼度な技術⼒で⼤⼿メーカーよりお墨付きをいただいている
  • ファイバーレーザー溶接ロボットによる⾼速・⾼品位な加⼯が可能
  • 多品種少量⽣産を得意とし、試作品から量産品までニーズに応じて幅広く対応
 
 

株式会社浜本⼯作所へのお問い合わせは RYOKO TRADING JAPAN 株式会社までお願いします。

 

<お問い合わせはこちら>

RYOKO TRADING JAPAN が運営する「ものづくりビレッジ Assy!」はこちら