> タイ雑感 (No.23) タイのラーメン、クイッティアオ | 菱光産業株式会社

業界情報をお届け!視界RYOKO

タイ雑感 (No.23) タイのラーメン、クイッティアオ

ASEAN RYOKO

ラーメンといえば、今やカレーと並ぶ日本の国民食ですね。
各地のご当地ラーメンなど、今まで聞いたことがなかったようなラーメンが注目され、TVや雑誌などのメディアで取り上げられると、そのとたんに長い行列ができるとか。

一方タイでは、ラーメンは国民食というよりは日常の庶民の食べ物です。
メディアで特別扱いされることもなく、フカヒレ入りラーメンとか高級食材を使った高額なラーメンもありません。(私が知るかぎり)

タイでは麺類のことを一般に「クイッティアオ」と言いますが、クイッティアオとは白い米麺のことで、日本のラーメンで使われている小麦粉麺はバミーと言います。

ベトナムのフォーのように、東南アジアではこの米麺が多いようです。

クイッティアオをお店で頼む時は、まず麺の種類を指定しなければなりません。
米麺か小麦粉麺か、またはインスタント麺のママーか。
米麺だったら今度は麺の太さです。
センヤイ(太いというか平べったい)、センレック(細麺)、センミー(極細麺)といった太さのバリエーションがあります。

日本のラーメンでもお店によって麺の太さが違ったり、縮れていたりしますが、タイの場合はどの店も自分で好みの麺を選ぶのがタイ式です。
スープもいろいろとバリエーションがあります。(スープなしもあってヘーンと言います)

豚骨や鶏がらの透明スープのナムサイ、粉唐辛子、ピーナッツ、ライムを加えたトムヤム、紅腐乳で味付けされた辛くて酸っぱい赤いスープのイェンダフォーなどが一般的ですが、クイッティアオ・ルア(舟)やクイッティアオ・ウア(牛)を専門にしたお店もあります。

麺とスープ、そして、この中に入る具材との組み合わせで何通りものバリーエーションが出来るので毎日食べても飽きないのです。
ちなみに、私は1週間に3~4回は食べてますね。
お気に入りはバミー・トムヤムです。甘酸っぱく、少し辛い微妙な味がくせになります。

<クイッティアオのトリビア>
~タイのフリーペーパーに載っていたお話し~
タイ人の間では好きな麺の種類によって性格判断ができるのだとか。
・センヤイ=まじめでおとなしい。
・センレック=社交的。プレイボーイである。
・センミー=ひとりで過ごすのが好き。すぐすねる。
・バミー=チャレンジ精神が旺盛。落ち着きがない。
さて、当たっているでしょうか??

2012年3月19日(月) 長井