> タイ雑感 (No.35) 霊験あらたか、バンコクのパワースポット | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

タイ雑感 (No.35) 霊験あらたか、バンコクのパワースポット

ASEAN RYOKO

週末、バンコクへ行ってきました。

日本で購入していたバンコクのガイドブックの中に、「霊験あらたかパワースポット」が載っていて面白そうだったので、街歩きついでにまわってみました。

ガイドブックによると、そのパワースポットは4箇所あります。
その4箇所ともBTS(スカイトレイン)のチットロム周辺に集まっているので、短時間にすべてのパワースポット巡りが可能です。とても効率がよく、なんだか得した気分です。

このバンコクのパワースポット群を簡単に説明したいと思います。(ガイドブックからの引用ですが)

パワースポッとは神様が祀られている場所を指し、この4箇所はそれぞれ祀られている神様が違います。

①プラ・プローム(ブラフマー神)-誓願成就で有名な天地創造のバラモン教の神
通称「エラワンの祠」。タイで最も霊験があると信じられており、毎日のように全国からタイ人が詣でる有名なパワースポットです。ラチャプラソン交差点の角にあり、いつ行っても大勢の参拝者で賑わっています。

②プラ・トリムルティ(三位一体神)-縁を結ぶ、恋愛の神様
伊勢丹百貨店の前にあり、赤いバラや赤い蝋燭をお供えして、具体的なお祈りを唱えるの大事だとか。特に木曜日の21時30分はブラフマー、ヴイシュヌ、シヴァの3神が降臨して最も成就しやすいとされ、特に混み合うそうです。

③プラ・ピッカネート(ガネーシャ神)-才能の開花を願う学問・商業の神
プラ・トリムティの右隣に並んで立っている祠。象の頭を持ったガネーシャ神は「夢をかなえる象」でもお馴染みになりましたが、一般には障害を避け財をもたらすとされます。タイでは芸能・芸術関係にもご利益があると信じられているとのこと。お供えものはマリーゴールド。願いが叶ったら、お礼にバナナやお菓子、牛乳を捧げるのだとか。

④プラ・メー・ラクシュミー(ラクシュミー神)-愛と金運に効く豊穣のヒンドゥー教の女神
プラ・プロームの場所からスクンビット通りを渡って対面のゲイソンプラザ4Fにあります。ここは、ビルのオフィスフロアーの屋外にあるのでわかりづらく、私も人に聞いてやっと辿り着けました。一般のタイ人にはあまり知られていないようですが、タイの霊能力者の間では有名だとか?(怪しい!?)


ピンク系の色鮮やかなサリーをまとっているのが、タイでは異色な感じがします。(写真参考)

仏教徒がバラモン教やヒンドゥー教の神を祀るとは変な感じですね。
案外、宗教の根っこは同じなのかも知れません。
でも、やっぱりようわからん??

2012年6月3日(月) 長井