> ASEAN RYOKO (No.44) ようやくタイは乾季に入ったか? | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO (No.44) ようやくタイは乾季に入ったか?

ASEAN RYOKO

タイは日本の春夏秋冬のような四季はありません。
日本人的感覚でタイの気候を表すと、「暑い」、「とても暑い」、「ものすごく暑い」といった感じでしょうか。

一応、タイにも季節を表す言葉があります。
「ナー・ローン(暑季)」、「ナー・フォン(雨季)」、「ナー・ナーオ(乾季)」の3つです。

これは暑さの順番になっていて、水かけ祭りで有名な4月のソンクラーンの時期が1年で一番暑い時期となります。

6月~11月頃が雨季となり、雨季の終わり頃は雷を伴う集中豪雨が頻繁に起こります。雨季が終わると乾季となり、2月頃までタイで一番過ごしやすい季節です。

日本や韓国はこの時期寒~い冬なので、ゴルフ好きの日本人や韓国人がこぞってタイにやって来ますから、タイのゴルフ場は大盛況なのです。

「ナー・ナーオ」のナーオは寒いの意味ですが、日本人にはピンと来ません。過ごしやすい季節とはいえ、日中の気温は28℃~30℃以上ありますので”寒い”には当てはまりませんね。


写真は2日前に撮った、乾季に入ったばかりのタイの空。
入道雲(積乱雲)がいわし雲?に変わりました。

何となく日本の秋空っぽいでしょう?
しかし、季節の変わり目は体調を崩すしやすいので要注意です。

そうか、だから結膜炎になったのか~。
2週間経っても、いまだ完治せず・・・(泣)

以上

2014年11月16日(日) 長井