> ASEAN RYOKO (No.43) タイで結膜炎になってしもうた | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO (No.43) タイで結膜炎になってしもうた

ASEAN RYOKO

先日、病院へ行ってきました。
タイに赴任して3年半、病院に行くのはこれで2回目です。

1回目は風邪をひいた時で、治りかけだったのですが、タイの病院はどんなところなのか知っておきたかったこともあり、無理やり行ってみたのでした。

その時の話しは以前コラムに書きましたので、ここでは割愛させていただきます。

今回は右目が充血して、少し痛みと痒みがあったので、メバチコ(ものもらい)だろうと思っていたのですが、診断結果は結膜炎でした。

結膜炎は小学校1年生でかかって以来、約40年ぶりでしたのでいささか驚きましたね。推測ですが、ゴルフでバンカーの砂が目に入ったことが原因ではないかと思います。

充血した目はまるで怪獣ガメラのようで、自分が見ても気持ち悪いです。涙目のためか視力が落ちて、小さい文字が見えづらいです。(老眼もありますが・・・)

病院で目薬と塗り薬、飲み薬をもらいましたが、なぜか眼帯はもらえませんでした。(必要ないのかな?)

しかし、人前では眼帯をした方が良いと思い、薬局を何軒かまわったものの、イメージしている眼帯は置いていなくて、店員に聞くと指を指してこれだと言う。

それは、アイパッドと書かれた眼を覆うガーゼと、それを顔に貼り付ける絆創膏(テープ)。仕方がないので取り敢えずセットで購入しましたが、やっぱり違和感があったので出張者にお願いして日本から眼帯を持って来てもらいました。

これが、その写真です。

左上がタイ式?眼帯セット、右下が日本定番の眼帯です。

お医者さん曰く、完治まで1~2週間かかると言う。
妻曰く、「遊びすぎ!、歳なんだからいい加減にして」と。

また、最後に強い口調で一言、「治るまでゴルフさせないからね!」

トホホ・・・(泣) 
とにかく早く治さなくては。

以上

2014年11月11日(火) 長井