> ものづくりQ&A ボール盤とは?その2 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ものづくりQ&A <14> ボール盤とは?その2

ものづくりQ&A

今回はそれぞれのボール盤の特徴について解説致します。

(1)直立ボール盤
 主軸が垂直になっている立て形のボール盤であり、床上に据え付けて使用する。ボール盤のなかでも、もっとも一般的な作業に用いられているものです。

(2)卓上ボール盤
 卓上ボール盤は、作業台の上に据え付けて使用する小形のボール盤です。ふつう、卓上ボール盤に取り付けられるドリルの直径は、13mmまであります。

(3)ラジアル ボール盤
 ラジアルボール盤は、コラムを中心に旋回できるアームに沿って、主軸頭が水平に移動するボール盤です。

(4)多軸ボール盤
 多数の主軸をもって、同時に多くの穴あけができるボール盤を多軸ボール盤といいます。特定の工作物を加工する専用機として使用するもので、多量生産に適しており多軸ボール盤の主軸の向きによって次のタイプがあります。

  1.  立て形
  2.  横形
  3.  傾斜形
  4.  組合わせ形(複合形)

次回もボール盤の特徴について解説致します。