> ASEAN RYOKO No.104 「タイ会社紹介 (31):大径・薄肉・ステンレスパイプの造管メーカー」 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO No.104 「タイ会社紹介 (31):大径・薄肉・ステンレスパイプの造管メーカー」

ASEAN RYOKO

今週は大径・薄肉・ステンレスに特化したパイプ造管メーカーのU社さんのご紹介です。
12926
場所はサイアム・イースタン工業団地内にありますが、以前ご紹介したメッキ委託加工メーカーさんが別事業として同工場で展開しています。

先日、メッキの件で工場現場に入った際、パイプ造管の説明を受けて興味を持ちましたので、日をあらためて訪問し、製品、製造工程等、Nさんに詳しくお話を伺いました。

以下がU社さんの会社概要です。
・日本本社は名古屋(鉄鋼機械商社)
・タイ拠点設立:1982年(操業開始:2007年)
・従業員数:860名(内日本人 3名)*メッキ事業部門含む
・業務内容:プレシジョンパイプ(大径・薄肉・ステンレス鋼管)の製造、販売
・主要顧客:自動車部品メーカー(マフラー等)
・主な保有設備:
 →造管機×2ライン
(Uncoiler→Formig→Welding (Tig)→Bead polishing→Sizing→Running cutter→Chanfering)
 →切断機×2台
 →面取り機×2台
 →拡管機×2台
 →検査設備

<U社さんの特徴と強み>
●大径・薄肉・ステンレスに特化することで、価格競争力のあるものをご提供できます。
 →加工工程上、材料にストレスがかからず後加工性に優れています。
 →φ100~160mm、板厚 t=1.5 がより競争力が高いです。 (φ100mm以下、他の板厚は要相談)
 →ステンレスの材質:SUS409L、429、436、441、その他
●最低ロットサイズ:2~2.5 トン/月
●輸出向けは社内で手続き~直接出荷まで対応可能です。
 →輸出手続き部門を保有
 →輸出梱包が自社内で可能

※今回ご紹介した U社さんにご興味のある方は、RYOKO TRADINGの長井までご連絡をお願いいたします。きっとお役に立てるはずです。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail:hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp