> ASEAN RYOKO No.174「お問合せあれこれ(19):手付けロウ付け」 | 菱光産業株式会社

業界情報をお届け!視界RYOKO

ASEAN RYOKO No.174「お問合せあれこれ(19):手付けロウ付け」

ASEAN RYOKO

あるお客様から圧力測定用治具を作成するためにロウ付けが必要とのことで、炉中ロウ付けで検討を進めてきました。

検討段階で、炉中ロウ付けはいくつかの問題があることがわかりました。

①全体加熱による製品の変形、歪み
②炉中は1130℃まで温度が上がるため、焼きなましとなり、材料強度が下がる
 →材料、ボルトの強度が下がり、全体加熱の歪みからボルトかしめのトルクが下がる
③プレス部品の電気亜鉛メッキは剥離し、耐食性が落ちる(錆び発生)

圧力測定には直接関係ない部分ですが、従来は手付けロウ付けしていたようで、急遽手付けができる別の会社さんにお願いすることにしました。

この会社さんは、自動車用部品でロウ付けは得意としており、ロウ付けは炉中も手付けも両方できます。

部品支給から治具製作~完成まで1週間の短納期でやっていただけることになりました。

急なお願いにも快く引き受けていただき感謝しております。
次回、この会社さんの紹介をさせてもらえればと思います。

これからも皆様のご期待に応えられるように、より良い情報を発信していきますので、よろしくお願い申し上げます。

長井タイ携帯:089-929-4348 *日本からは+66-89-929-4348
E-Mail:hideo-nagai@ryokosangyo.co.jp
HP アドレス:http://www.ryokotrading.co.th/