> タイ雑感 (No.60) やめて!車の爆音ミュージック | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

タイ雑感 (No.60) やめて!車の爆音ミュージック

ASEAN RYOKO

タイ人は車が大好きです。
エアロパーツでお洒落に着飾った車もよく見かけます。

大きなキティーをプリントしているヤリス(ヴィッツ)もあれば、大型バスなんかは壁画のように車体いっぱいにカラフルな絵が描かれています。工場からいっせいにから出てくる、何十台も連なった送迎バスの姿は圧巻です。

たまに日本の古い車が綺麗にレストアされたのを見ることがありますが、タイ人は本当に車が好きなんだと思います。一昔前の日本もそうでしたが、車の外装に凝る人は同時にオーディオにも手を加えることが多いようです。

しかし、これが大迷惑。
タイ人は大型ウーハーを何個も付けて、とにかく低音を強調させます。

後方のトランクルームが全てアンプやスピーカー、ウーハー類で埋め尽くされ、荷物が積めない状態の車まであります。

ここまでやると、ほんとやり過ぎです。

(写真参照:なぜかウイスキーの瓶が?)

しかも、大音量で音楽を鳴らしながら走るもんですから、迷惑この上ない。
大型ウーハーの重低音は腹に響きますし、窓を閉めても容赦なく飛び込んできます。

他人に自慢したいのかどうかは知りませんが、頭がおかしいとしか思えません。
先日も自宅の前で夜の10:00頃から爆音ミュージックが鳴り響き、眠れませんでした。

窓から外を見ると、元凶のネオンきんきらの車が見えました。当分止みそうにないので、フロントに電話して「外がうるさくて眠れない!警察に連絡して止めさせろ!」と抗議しました。

少ししてから音量が小さくなり、やっと止まりました。
こらっ、ええ加減にせーよ!!

2012年12月3日(月) 長井