> タイ雑感 (No.100) 寿司はやっぱり日本に限る | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

タイ雑感 (No.100) 寿司はやっぱり日本に限る

ASEAN RYOKO

メルマガで発信したコラムが今回でめでたく100号になりました。
第一号が2011年の10月ですので、2年間で100号達成です。

よくもまあ、毎週途切れなく発信できたものだと自分でも感心していますが、これも読んでいただいている方々のおかげだと感謝申し上げます。

最近ネタ切れで苦しむ頻度が増えてきましたが、200号目指して頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、先週は本社の会議に参加するため日本に一時帰国していました。
9/15(日)の夜タイを出発し、9/16(月)の朝に関空に着きました。

今回、久し振りに実家の和歌山に帰省しようと関空経由としましたが、台風18号の影響で飛行機は無事降りることはできたものの、空港からの電車が止まっていました。

どうしたものかと思っていると、何とか橋は通過できるとのことで電車は走り始めました。
ところが、橋を通過して次の駅で止まってしまったのです。

大和川が危険水域に達したとのことで、再開の目処が立たないという。急遽予定を変更です。和歌山で合流する予定だった弟に連絡して、大阪で待つ妻を拾って、私が立ち往生している熊取駅まで車で来てもらうことにしました。

2時間後、救出され和歌山に向かおうとしたところ、今度は高速道路が閉鎖されている。下道を通ると3~4時間かかるし、渋滞は避けられないと思い、結局和歌山行きは残念しました。

そのまま、大阪へ向かい、その夜は弟夫妻と食事して、1泊。
いやー、さすがに疲れましたね。

せっかくの大阪なので、翌日の朝、大阪の中央卸売市場内にある「えんどう」というお店でお寿司を食べました。市場で働く人の時間に合わせ早朝の5時からお昼の2時までがこのお店の営業時間。

江戸前で美味しかったですね。しかも安い。おまかせ一皿(5貫)で1,050円はお得です。

有名人もよく来るお店らしく、壁にはたくさんのサイン色紙が貼られていました。

その中にタイ語の色紙を発見。

後でタイ人に確認するとタイの有名人らしく、歌手兼映画スターだという。Nawin(ニックネーム:Tar)

色紙にはタイ語で「ありがとう、ここの寿司はとても美味しい」と書かれてありました。(私は読めませんが)

その日たまたま桂文枝(三枝)師匠が来ていたので一緒に写真も撮ってもらいました。(ミーハーやな)

やっぱりお寿司は日本に限ります。

2013年9月24日(火) 長井