> 相場情報 (2015.1.20) 原油価格は1バレルあたり45ドル台後半を推移 | 菱光産業株式会社

業界情報をお届け!視界RYOKO

相場情報 (2015.1.20) 原油価格は1バレルあたり45ドル台後半を推移

RYOKOかわら版

【鉄鋼相場】

1月16日のLMEニッケル相場は1トン当たり1万4千355ドル。
重量1ポンド当たり6ドル51セント。

前回発信の1月9日が1万5千430ドル(1ポンド7ドル)でしたので1,075ドル下がりました。

中国の春節明けに相場は上がると言いますが、昨年2月以来約1年ぶりの6ドル半ばの価格です。
LMEホームページ

【業界のハナシ】

1月20日3:00のWTI原油価格は1バレルあたり47ドル91セント
前回配信の1月13日に付けた45ドル72セントから2ドル19セント上げていますが年明け早々に50ドルを割り込んでから戻ってきません。

為替は東京三菱UFJ銀行1月20日7:00のUSD(TTS)が117円84銭
前回発信の1月13日USD(TTS)が118円62銭でしたので78銭の円高ドル安となっています。

年明け1月5日の120円85銭から約3円円高に振れました。