> RYOKO TIMES「ホースとチューブの違い」 | 菱光産業

業界情報をお届け!視界RYOKO

RYOKO TIMES「ホースとチューブの違い」

RYOKO TIMES

営業開発部の各担当が、日々の業務を通じて感じたこと、お知らせしたいことを、 定期的に交代制で発信する【RYOKO TIMES】。

第 23 回の今回は、吉野より発信します。

最近、お客様にケミカルホースをご購入頂きました。その時にふと頭に、ホースとチューブの違いはあるのだろうか・・・という疑問が浮かんで きたため調べてみることにしました。

ホースとチューブは内部が空洞で、気体や液体を流すことを目的とした管状のもののことを指します。ただ調べたところ、2 つには明確な違いはないようです。 ただ一般的には、合成樹脂繊維や金属繊維といった補強材を使っているものがホース、 補強材を使っていない材質単一のものはチューブと呼ばれるようです。

ワサビや絵の具が入った容器も確かに補強材を使っているようにも思えないので、ホースと呼ばずにチューブと呼ぶのでしょうか。

ちなみにパイプとチューブの呼び方も明確な区別が無いようです。

一般的には内外径があらかじめ決められて標準化されているものがパイプ、対してチューブは用途に応じて内外径を指定して注文し製造されるものと考えられているようです。弊社ではホースもチューブもパイプも取り扱っておりますので、お見積お問い合わせがありましたらお気軽にお声がけください。

※それぞれのメンバーは定期的に各自の担当のお客様にメール配信をしております。 気に入ったメンバーがいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。配信先に加えさせていただきます。