> 加工能力向上と丸物加工の自社取り込みで事業拡大 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

加工能力向上と丸物加工の自社取り込みで事業拡大

ものづくりInfo-企業紹介-

■株式会社コスモプレート

広島県広島市安佐北区白木町に工場を構え、6 面体プレートなどの面加工と穴開け・タップの複合加工を得意とする株式会社コスモプレートが、生産性向上と自社加工の範囲拡大に向けて設備増強を実施、2022 年1 月より運用を開始しました。

■立形マシニングセンター増設

同社が今回増設したOKK 製 立形マシニングセンター「VM53R」は、テーブル寸法1050mm×560mm、テーブル最大積載重量800kg の加工機となり、もともと同型・同仕様の加工機を保有していることからプログラムや保有する工具も含めて共用できるため、既存設備のバックアップとしての運用も可能としています。
今回の加工機増設については同社が得意とする面加工・穴開け・タップ加工の受注が堅調なことを受け加工能力を向上させる狙いがあり、先行して行っていた人員増強に対して体制が整った形となります。

■CNC/普通旋盤 新規導入

また、同時にTAKISAWA 製 CNC/普通旋盤「TAC-510 L10」を新たに導入。
心間(両センター間)1010mm となる同旋盤は、同社で初めて導入する旋盤となっており、今まで外注となっていた丸物加工を自社内へ取り込むことで、よりスピーディーに顧客へ製品を供給することが可能となりました。
もとより同社は面加工から始まり、深穴・タップ加工、ワイヤーカットと自社で行う加工内容・形状・範囲を段階的に拡大しており、この度の旋盤導入により得意とする面・穴加工と丸物・ワイヤーカットを含めた複合加工で、より付加価値を高めた加工サービスを提供したい考えです。

■安定した加工体制の構築

同時に同社ではオペレーターの多能工化を進めており、加工機別にジョブローテーションを実施、品質管理も加工工程毎の確認制とすることで確認範囲を明確にしており、全ての加工機で誰がオペレーターでも同じように一定した品質で加工が行える体制を目指しています。

 

株式会社コスモプレートの詳細情報はこちら
※外部サイト「ものづくりビレッジ Assy!」

 

ものづくり企業の情報満載!
RYOKO TRADING JAPAN が運営する「ものづくりビレッジ Assy!」


<お問い合わせはこちら>※外部サイトへ移動します