> 島根工場へ新規ファイバーレーザー加工機導入!! | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

島根工場へ新規ファイバーレーザー加工機導入!!

ものづくりInfo-企業紹介-

外観(誠和商会)

■株式会社誠和商会  

広島県広島市に本社を構える株式会社誠和商会が島根工場に新規設備を導入、2022 年1 月より稼働を開始させています。

■8kw ファイバーレーザー 三菱電機 ML3015GX-F80 導入

三菱電気 8Kレーザー

三菱電機 ML3015GX-F80

同社がこの度導入したのは三菱電機製 ファイバーレーザー加工機「ML3015GX-F80」、最大8kw の出力を備えるファイバーレーザー加工機で、1524mm×3048mm(5 尺×10 尺)サイズ(ゴトウ)の材料を加工できるテーブルを備え、板厚25 ㎜までの切断に対応しています。

 

■12kw ファイバーレーザー アマダ ENSIS-6225AJ 導入

AMADA 12Kレーサ゛ー

さらに同社はアマダ製「ENSIS-6225AJ」も導入、こちらはレーザーの最大出力が12kw のファイバーレーザー加工機となっており32mm までの板厚の切断が可能、最大加工寸法6200mm×2580mm、ワーク質量4020kg と対応するサイズや重量からも厚板への運用を想定しており、SM 材やSN 材など建築構造用材の加工も考えているとのこと。
島根工場では今までCo2 レーザー加工機を4 台保有、今回はその内2 台をファイバーレーザー加工機に入れ替える形となります。
同社は2018 年より業界に先駆けて本社へファイバーレーザー加工機を導入・運用しておりCo2 レーザー加工機よりも速い加工スピード、板厚に対して小径の穴あけが可能となる性能、段取りのスピードや印字機能による付帯作業の削減など、生産性に関わる部分のメリットを強く実感。
全体での能力向上により、従来+αの生産性を確保しながらも省力化・省エネによるコストダウンなど得られるメリットは大きいと判断しての導入となりました。

株式会社誠和商会の詳細情報はこちら

※外部サイト「ものづくりビレッジ Assy!」

 

ものづくり企業の情報満載!
RYOKO TRADING JAPAN が運営する「ものづくりビレッジ Assy!」

<お問い合わせはこちら>