> 切削加工不良の原因はスピンドルかも?セルフ研磨でビビり解消や加工精度回復 | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

切削加工不良の原因はスピンドルかも?セルフ研磨でビビり解消や加工精度回復

ものづくりInfo-企業紹介-

■株式会社向井製作所

向井製作所(外観)
広島県広島市で NC フライス・マシニングセンターを使っての切削加工や研磨機による研磨など、精密部品から鋳物などの切削加工まで部品加工を手掛ける株式会社向井製作所は工作機械の主軸スピンドル修正サービス「SERUKEN®」を展開しています。

■主軸スピンドル修正サービス「SERUKEN®」

「SERUKEN®」(セルケン)とは同社が商標を登録するセルフ研磨と呼ばれる工作機械の主軸テーパー修正サービスの名称です。
工作機械の主軸(スピンドル)と工具がはまり合うテーパー部は日々行われる工具交換による摩耗やトラブルによる損傷などにより主軸と工具でガタが発生し、そのガタが原因で加工精度の狂いや仕上げ面のビビりなどの加工不良を発生させ、症状によってはできるはずの重切削ができないといったことが起こります。
セルフ研磨はそんなテーパー部を研磨修正することで、工具テーパーとのガタを無くし、本来あるべき加工精度や仕上げ品質を取り戻すためのサービスです。
主軸テーパーの修正は従来であれば主軸を分解し、取り外した部品をメーカーへ発送、メーカーにて修正後に返送されたものを再度組み立てを行い……と手間も時間も費用も掛かるメンテナンスでしたが、「SERUKEN®」であれば主軸の分解は不要。
専用機材を用いての出張修理なので、修正完了までの時間は最短で済み、加工予定への影響も最小限、費用も抑えられるので定期的なメンテナンスにも入れやすく、工作機械を持つ多くの加工会社から好評を得ています。

株式会社向井製作所の詳細情報はこちら
※外部サイト「ものづくりビレッジ Assy!」

■お問い合わせ

ものづくり企業の情報満載!
RYOKO TRADING JAPAN が運営する「ものづくりビレッジ Assy!」


<お問い合わせはこちら>※外部サイトへ移動します