> 施⼯⽴ち合いは⼤変? | 菱光産業 | 建設機械部品と配管機材のトータルプランナー

業界情報をお届け!視界RYOKO

施⼯⽴ち合いは⼤変?

モーレツ!営業日誌

先⽇、シートシャッター3 台の新規取り付けをご注文いただき、⽴ち合いをする事になりました。
中国のロックダウンの影響でシートシャッターの部品が⼊荷できない可能性があったり、施⼯納期が間に合わない可能性があったりと多少のトラブルがありながらも無事施⼯⽇を迎える事ができました。

■新⼈教育 施工立ち合い編

当社に新⼈が⼊ったという事もあり、施⼯⽴ち合いは新⼈に教育をしながらの⽴ち会いで、どのように教えるか考えながらの対応でした。せっかくですので、教えたポイントを以下にまとめてみます。

■施工立ち合いの⼤事なポイント①

⽴ち会いはお客様との懸け橋が重要です。
まずはミーティングで注意事項の連絡や、安全教育の実施、問題点の確認等を⾏います。
⼯場が稼働しながらの施⼯だったので、作業⾞を置く場所や荷物を置く場所がお客様の邪魔にならないように確認しながら指⽰を出していきます。
お客様がこちらを⾒ている時は何か問題がある場合が多いので、すぐに『何かありますか?』と尋ねる事が⼤事なポイントです。

シートシャッター施工中の様子

■施⼯⽴ち合いの大事なポイント②

施⼯⽇程が 2 ⽇間でしたが、施⼯メーカーが優秀なおかげで時間に余裕を持って施⼯終了!
頑張れば 1 ⽇で出来たかもしれませんが、トラブルがあった場合を考えて施⼯⽇程を決めると良いですね。
お客様からは作業効率が上がったと喜んで頂けましたので、⼤満⾜な施⼯となりました。

■施⼯⽴ち合いの⼤変さ

ただ、ずっと⽴ちっぱなしだったせいか、新⼈の腰痛が悪化してしまいました。
新⼈には適度に座りながら⽴ち合いをするように注意をしました(笑)

完成したシートシャッター

無事に工事完了です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社⼀押し商材の『シートシャッター』は修理の対応もしていますので、ご興味のある⽅や、もっと詳しく聞きたいという⽅はいつでも菱光産業㈱までご連絡を下さい。
お問い合わせはこちらまで。